【コミック】監獄実験−プリズンラボ−3

こんにちは!
今回は監獄実験−プリズンラボ−第3巻のご紹介です。

いよいよ名前当て当日。桐島彩は監禁者江山の名前を言えば解放され、勝者となり賞金を得るはずなのだが・・・
江山は彩に3日間何も食べるものを与えず、苦しめ続け、名前当て当日には声も出せないほど衰弱させていた。

江山の名前をハッキリと伝えられなかった彩は、1週間後の次の名前当てゲームまでまた監禁されることになる。

そして、監禁者の江山と勝又に監禁ゲームの主催者九字間から追加ルールが伝えられる。

追加ルール「情報聴取ゲーム」
監禁者が監禁相手に質問をして、答えをもらうだけというのだが・・・
・聞き出す情報は7個。
・期間は1週間。
・聞き出せる時間は毎日1時間だけ。
先に全部聞き出した方の勝利となり、報酬が出る。
ただ、このゲームにはペナルティがあり、期間内に回答を全て得られなければ、残った質問数だけペナルティーを受ける。
そのペナルティーとは・・・そしてこのゲームにはもう一つ重大なルールが!

第3巻はこんな感じです。
いよいよ始まった監禁者同士の勝負「情報聴取ゲーム」は今後の展開が気になります。
二人はどうやって監禁相手から情報を聞き出すのか!
監禁ゲームの目的とはいったい何なのか?
そして、江山と彩の過去も明らかに。彩が江山をイジメていた理由とは!?

監獄実験ープリズンラボー 3【電子書籍】[ 貫徹 ]

 


〜あらすじ〜
監禁生活のなか追い詰められた桐島彩は脱走を計るが、それも江山の手のひらのうちで踊らされているだけだった。
結果、ついに彩の強い心も折れてしまう。
そして、名前当てのある7日目を迎えた。江山の名前を言うことができれば、彩は解放されるのだが……!?
一方、ついに監禁者同士のゲームも始まることに。
先の読めない展開と心をエグる描写で大反響のサスペンスホラー。物語が大きく展開する衝撃の第3巻!


【コミック】監獄実験−プリズンラボ−に関連する記事

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


<< 【コミック】監獄実験−プリズンラボ−2 | main | 【グルメ】茨城県土浦市の焼肉屋さん「亀城苑」 >>
コメント
コメントする




   
この記事のトラックバックURL
トラックバック