【コミック】監獄実験−プリズンラボ−1

こんばんは!
今回ご紹介するのは、「監獄実験−プリズンラボ−」の第1巻です!

主人公の高校生江山藍都は、理不尽ないじめをうける毎日を過ごしていた。
そして明日から夏休みというとき、江山のもとに「監禁ゲームへの招待状」が送られてくる。
このゲームは、理不尽な人生を送っている者に人生を変えるチャンスを与えるといった内容で、ルールは・・・
・ゲームの期間は1ケ月。
・参加者(監禁者)は監禁する相手を指名する。
・相手を殺さなければ何をしてもよい。
※相手が死亡した場合罰金1000万円でゲームは終了。

ゲームの勝敗は1週間に1度計4回の「名前当て」により行われ、監禁者は自分の名前がバレないよう、1か月間監禁し続けなければならない。
最後まで名前を当てれれなければ監禁者の勝利。監禁者の名前を当てれば相手の勝利。
勝者には賞金1000万円が与えられる。

というものだった。

いじめのストレスから精神的に追い込まれた江山は、いじめの元凶であるクラスメイトの「桐島彩」を監禁相手として指名し、監禁ゲームが始まる・・・

第1巻はこんな感じです。
後半では他の参加者たちも出てきます。みんなもちろん訳アリ。
監禁ゲームの目的とは?監禁者達の今後の行動は?
気になるところばかりです。今後の展開に期待です!!

監獄実験ープリズンラボー 1【電子書籍】[ 貫徹 ]

 


〜あらすじ〜
夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。
それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監禁ゲーム」への招待状だった。
期間中、監禁相手に対しては殺す以外の何をしても許されるうえ、相手に名前さえバレなければ大金も手に入れられるという。
監禁相手に、いじめの首謀者・桐島彩を指名した江山。少年の復讐劇が始まる!


【コミック】監獄実験−プリズンラボ−に関連する記事

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


<< 【コミック】無職強制収容所2 | main | 【コミック】監獄実験−プリズンラボ−2 >>
コメント
コメントする




   
この記事のトラックバックURL
トラックバック