【コミック】終末のハーレム1

こんにちは!
今回ご紹介するのは、「終末のハーレム」というコミックの第1巻です。
最初に言っておきますが、題名から想像できます通り「エロい」ですw

2040年。難病:細胞硬化症に侵された主人公の水原怜人は、幼馴染の橘絵理沙と再会を誓い、治療のため5年間コールドスリープすることになる。
そして5年後の2045年。コールドスリープから怜人が目覚めると、そこは「MKウィルス(通称:男殺しウィルス)」によって99.9%の男が死滅し、50億人の女性が生きる世界となっていた。
そして、怜人専属担当官の周防美来から「人類を救うため、この世界に残された女性と子作りしてほしい」と頼まれる。
怜人の前にコールドスリープから目覚めたというMKウィルスに抗体がある男性「ナンバー1」の精子を使った人工授精などいろいろ研究したが成功せず、性交渉のみナンバー1の子を身ごもった女性が存在するため、その子供が人類の唯一の希望なのだという。

美来から「メイティング(種付け)」を持ちかけられるが、怜人は行方不明になってしまった絵理沙のことを思い拒否し続ける。
そんな中、絵理沙の手がかりを探しているうちに、絵理沙が「MKウィルス」についての研究をしていたことにたどり着く。
そして、怜人はMKウィルスの特効薬を作ることを決心する。

第1巻はこんな感じです。
まさにハーレムwこの世界を楽しみメイティングをバンバンこなすナンバー1w
そして絵理沙の行方は?怜人はMKウィルスの特効薬を作り出せるのか?それともメイティングの誘惑に負けてしまうのか?
エロさについつい目がいってしまいますが、今後の展開も気になります!

終末のハーレム セミカラー版【特典イラスト付き】1巻【電子書籍】[ LINK ]

 

〜あらすじ〜
時は2040年。難病に侵された青年・怜人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、病を治すためコールドスリープする。
そして5年後・・・。目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の男が死滅し50億人の女性が生きる世界だった…!
近未来エロティックサスペンス開幕!


【コミック】終末のハーレムに関連する記事

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


<< 【ヒトリゴト】2017年初詣 | main | 【コミック】終末のハーレム2 >>
コメント
コメントする




   
この記事のトラックバックURL
トラックバック